指輪のサイズは合わせておきましょう|モアナ・サーフライダー

ハワイ モアナ・サーフライダー
http://jp.moana-surfrider.com/

私が35歳で主人が39歳の初婚でみんな結婚して最後の最後でした。友達は子育てが大変な時期でしたのでごく親しい人だけに知らせました。

私たちはお見合いで、さっさと半年後に結婚しました。私も仕事をしていて、ちょうどいい時期でした。式も簡単に挙げようと国内でいいところはないかと探していましたら急に主人が海外に行きたいと言いましたので、予定を変更してハワイに決めました。

結婚式も挙げられるパックにして二人だけで行きました。年も年なので披露宴などは気恥ずかしくてできません。旅行会社の人に勧められたのがモアナ・サーフ・ライダーの挙式でした。

いざモアナ・サーフ・ライダーへ

100年の伝統のあるチャペルでのウェディングに心惹かれる思いで決めました。私は会社を辞めてすぐさま旅行の用意を始め、身の回りを整理し、販売職なので土日に休めなかった分いろいろな

山積みの用事にふたりで奔走していました。飛行機に乗るまでが大変でした。ドレスはレンタルでしたので言葉はどうなるのかと思いきや、いらしたのは日本人でした。袖を通したドレスは真新しいもので担当の方も喜んで勧めてくれましたので、本当に良かったと思いました。

旅行には自分たちだけで行ったのですが式が始まると友達がいたのです。びっくりしたけど、立ち会ってくれるために夫婦で来てくれたのでした。新婚旅行に行かなかったので丁度いいからと、予定を空けてくれたので、寂しい思いをすることもなく無事に式を終えました。

言葉はさっぱりでしたが、マンダリンの音色の中にあたたかな雰囲気の式でした。その後すぐに海へ行こうということで髪のセットを適当にほどいて、実感をかみしめる暇もなく出かけました。

言葉が出ないくらい奇麗な海は海の好きな主人には楽しく魚を見て年甲斐もなくはしゃいでおりました。ふと見るとシュノーケルを外してきょろきょろしているので何かと思ったら、

血相を変えて「指輪がない!」などどあり得ない状況になすすべがなかった私ですが、主人は違いました。水中眼鏡で海の中を探しまくり一筋の光の中に指輪を見つけました。

この旅行中に何回この話をしたかわかりません。あの時、指輪が見つからなかったら短い期間で決めたこの結婚はどんな思いが残ったのでしょう。主人は後に「あの時見つからなかったら一生言われると思った。」と言いますが、離婚されるとは思わなかったんです。

私のことを能天気と言いますが、そのままお返しします。そして楽しいことばかりの新婚旅行から無事に帰りました。

SNSでもご購読できます。