千葉県浦安市 ヒルトン東京ベイ

http://hiltonwedding.jp/tokyobay/

サプライズに至ったきっかけ

1人っ子である主人の両親は、若くして結婚した為に結婚式をあげていません。主人と交際当時から私に対しても本当の娘の様に接し、とても良くして下さる愛情深い素敵なご両親です。

披露宴の準備を進めるにつれ、そんなご両親にサプライズをしたいと私と主人とで感じていました。私の母親の助言もあって、主人のご両親にも披露宴中にサプライズでケーキ入刀の時間を設けてみる事にしました。

その案はとても素敵で納得でしたが私の両親にも感謝を伝えたくて、同じようにケーキ入刀してもらおうと、提案した母親には内緒で私の両親も一緒にケーキ入刀をしてもらうように内緒で計画を立てました。

いよいよ当日「ヒルトン東京ベイ」へ

披露宴当日、花嫁の手紙の前に両家両親のサプライズケーキ入刀を決行しました。まずは、花嫁の手紙の前に流すプロに依頼した生い立ちムービーを流しました。この時点では、両親やゲストも通常の流れだと思っていたはずです。ここからが、サプライズの始まりです。生い立ちムービー後に自分たちが作成したDVDを流しました。

内容は結婚式をあげていないので、その代わりも込めてケーキ入刀をしてほしい旨を主人のご両親に向けてメッセージを流しました。当然私の親はサプライズの内容はここまでたと思っていました。ここからは私の両親にあてたサプライズです。

今日まで育ててくれた感謝の気持ちと、娘が巣立って夫婦二人の再スタートを祝してのケーキ入刀の旨をメッセージに載せました。主人の両親はもちろん、私の両親もまさか自分たちもとは思っていなかったようで見事サプライズは成功して、みんなが号泣する中でのケーキ入刀となりました。

その後は花嫁の手紙、両親への花束贈呈して、暖かな雰囲気の中披露宴は幕を閉じました。気が付けば、ゲストの方々も感動して下さったのか、お見送りの時に温かい言葉を頂けました。

ヒルトン東京ベイでサプライズをやってみて

面と向かって感謝の気持ちを表す事はなかなか難しいですが、結婚と言う人生の一大イベントでみんなの記憶に残る披露宴が出来た事にとても満足しています。
結婚して数年経ちますが、たまにその話題が家族間で出るほど、両親にとっても思い出深いイベントだったようです。
少し照れ臭かったですが、思い切ってサプライズを決行して良かったと思います。